産経ニュース

【除染領収書改竄】領収書なぜ改竄・不正取得の有無は…晴れぬ疑惑、真実どこに 安藤ハザマ家宅捜索

ニュース 社会

記事詳細

更新

【除染領収書改竄】
領収書なぜ改竄・不正取得の有無は…晴れぬ疑惑、真実どこに 安藤ハザマ家宅捜索

東京地検特捜部は19日、詐欺などの疑いで、同社本社など関係先の家宅捜索を始めた。詰めかけた報道陣=19日午後、東京都港区(菊本和人撮影) 東京地検特捜部は19日、詐欺などの疑いで、同社本社など関係先の家宅捜索を始めた。詰めかけた報道陣=19日午後、東京都港区(菊本和人撮影)

 東京電力福島第1原発事故の除染事業をめぐり、準大手ゼネコン「安藤ハザマ」(東京)が改竄(かいざん)領収書に基づき宿泊費を不正に取得した疑惑に、司直のメスが入った。東京地検特捜部は同社関係者から任意で事情を聴いており、家宅捜索で押収した資料の分析などを進め、領収書改竄の経緯や不正取得の有無など実態解明に当たるとみられる。

 今回、明るみに出た疑惑には、(1)領収書は何のために改竄されたのか(2)実際に不正取得はあったのか(3)宿泊費はどのようなプロセスで決定されたのか-など、いまだに不明な点は多い。同社の説明と産経新聞の取材で得られた情報と食い違う部分もある。

最終契約金額

 領収書の改竄理由について、同社は「除染事業の最終契約金額は改竄領収書の作成以前に決定されていた。改竄領収書に基づいて最終契約金額が決まったわけではないため、なぜ作成したのか分からない」と説明した。この説明の前提には“最終契約金額は適切だった”との考え方がある。

続きを読む

「ニュース」のランキング