産経ニュース

ダム放流を知らされず 母子流されるも無事 新潟・新発田

ニュース 社会

記事詳細

更新


ダム放流を知らされず 母子流されるも無事 新潟・新発田

 17日午後4時半ごろ、新発田市滝谷の滝谷森林公園内にある幅40メートルほどの加治川で、遊んでいた新潟市北区の女性(45)と小4の男児(9)の母子が流される事故があった。県が18日発表した。女性は自力で岸にたどりつき、男児は近くの人に助けられ無事だった。県が管理する上流の治水ダムの放流が知らされておらず、水かさが増したのに気付くのが遅れたらしい。

 女性は低体温症ながらも命に別条なく、男児は膝にすり傷。当時、他に10人ほどが川にいたが、早めに岸に上がって難を逃れた。

 17日は市観光協会と県が共催する羽越水害復興50周年記念のイベントがあり、滝のように流す「観光放流」のためダムの放流量をしぼった後、放流量を増やして貯水量を調整する措置を実施。下流では一時的に水かさが減り、川の中に入れる状態になっていた。

 県河川管理課の担当者によると、急激に水かさが増える放流だと事前に来園者らに伝え、放流時にサイレンを鳴らすものの、今回は規定に該当せず、いずれの対応もしなかったという。同課は「公園の管理や観光放流のルールを今後検討する」としている。

「ニュース」のランキング