産経ニュース

【詳報・文科省再調査結果(1)】松野博一文科相「新たに文書の存在明らかになり申し訳ない」と陳謝 19文書のうち14文書を確認、今回の公表「特例」と強調

ニュース 社会

記事詳細

更新

【詳報・文科省再調査結果(1)】
松野博一文科相「新たに文書の存在明らかになり申し訳ない」と陳謝 19文書のうち14文書を確認、今回の公表「特例」と強調

会見に臨む松野博一文科相=15日午後、東京・霞が関の文科省(納冨康撮影) 会見に臨む松野博一文科相=15日午後、東京・霞が関の文科省(納冨康撮影)

 《松野氏は民進党の疑惑追及チームなどで示された文書やメールの存否などを明らかにすることが、再調査の目的であることを挙げ、調査対象を前回の同省専門教育課と総務課行政改革推進室から拡大し、高等教育企画課大学設置室、私学行政課のパソコン内の共有フォルダや共有ファイルも調べたことを報告した》 《また、ヒアリングの対象についても、前回調査の7人に加え、調査対象となった文書のメールのあて先に含まれる19人を新たに追加したことを告げた》

 「この結果、民進党から提示された19の文書のうち、14の文書は今回の調査対象となった部署の共有フォルダ、個人フォルダ、メールボックスにおいて、同趣旨の記述のある3つの文書を含め、同内容の文書の存在が確認できた。また、2つの文書については存在が確認できなかったとする調査結果が得られた」

 「(別の)3つの文書については、法人の利益に関わるものであり、慎重な対応が必要であることから、現時点では存否を含め明らかにできない。なお、行政文書は行政機関からの積極的な公表の意思がない限り、文書は公表しないとしているが、国民の声を真摯に受け止め、通例とは異なる対応をしたものです。結果として調査対象外の部署から、新たに文書の存在が明らかになったことは大変申し訳なく、結果を真摯に受け止めている」

続きを読む

詳報・文科省再調査結果のニュース

このニュースの写真

  • 【詳報・文科省再調査結果(1)】松野博一文科相「新たに文書の存在明らかになり申し訳ない」と陳謝 19文書のうち14文書を確認、今回の公表「特例」と強調
  • 【詳報・文科省再調査結果(1)】松野博一文科相「新たに文書の存在明らかになり申し訳ない」と陳謝 19文書のうち14文書を確認、今回の公表「特例」と強調
  • 【詳報・文科省再調査結果(1)】松野博一文科相「新たに文書の存在明らかになり申し訳ない」と陳謝 19文書のうち14文書を確認、今回の公表「特例」と強調
  • 【詳報・文科省再調査結果(1)】松野博一文科相「新たに文書の存在明らかになり申し訳ない」と陳謝 19文書のうち14文書を確認、今回の公表「特例」と強調
  • 【詳報・文科省再調査結果(1)】松野博一文科相「新たに文書の存在明らかになり申し訳ない」と陳謝 19文書のうち14文書を確認、今回の公表「特例」と強調

「ニュース」のランキング