産経ニュース

水戸市職員が名簿を紛失 生活保護受給の29世帯小中学生42人分の個人情報

ニュース 社会

記事詳細

更新


水戸市職員が名簿を紛失 生活保護受給の29世帯小中学生42人分の個人情報

 水戸市は18日、生活福祉課の男性職員(27)が生活保護を受給している計29世帯の小中学生42人分の個人情報が記載された名簿を紛失したと発表した。名簿は見つかっておらず、市が回収を急いでいる。

 名簿には世帯主や住所、小中学生の名前、学校名、学年などが記載されている。内部用のマニュアルとあわせると、各世帯が生活保護を受給していることが推測できるという。

 市によると、男性職員は市の生活保護世帯向け学習支援事業を案内するため、12日午後に担当している1世帯を訪問。帰庁後、名簿とマニュアルがなくなっていることに気づいたが、上司に報告していなかった。市に16日午前、匿名女性から「市職員が玄関先に名簿を置いていった」という通報があり発覚した。

「ニュース」のランキング