産経ニュース

【都港湾局 入札漏洩疑惑】小池百合子知事が徹底調査指示 月内に結果公表へ

ニュース 社会

記事詳細

更新

【都港湾局 入札漏洩疑惑】
小池百合子知事が徹底調査指示 月内に結果公表へ

小池百合子東京都知事=4月28日午後、都庁 小池百合子東京都知事=4月28日午後、都庁

 東京都発注の大型港湾工事をめぐり、二重の積算ミスにもかかわらず業者が非公表の最低制限価格の近似値で落札していた問題で、都が入札情報漏洩(ろうえい)の有無を調べるため、新旧入札担当者らの聴取を含む調査に乗り出したことが10日、関係者への取材で分かった。今回の問題では入札前に情報漏洩した可能性が指摘されており、事態を重くみた小池百合子都知事が「都の事業に疑念を持たれること自体が問題」と徹底調査を指示したという。都は今月中にも調査結果を公表する。

 関係者によると、工事を発注した都港湾局は「ミスはあったが偶然の産物。疑惑を持たれる入札結果がたまたま出た。専用の積算ソフトの精度は高まっていて、最低制限価格をある程度割り出すことができる」と漏洩を否定していた。

 しかし、6月からの試行を予定している新たな入札制度策定に関わった都の特別顧問から「説明が不十分」との声が上がり、小池氏も「疑惑がないならないなりの根拠を都民に示す必要がある」と判断したもようだ。都は今月に入り、OBを含む港湾局職員を中心に調査を開始した。

続きを読む

「ニュース」のランキング