産経ニュース

雪崩事故現場…線香の火が燃え移り山林火災 栃木・那須

ニュース 社会

記事詳細

更新


雪崩事故現場…線香の火が燃え移り山林火災 栃木・那須

煙を上げる斜面=8日午後2時30分ごろ、栃木県那須町(提供写真) 煙を上げる斜面=8日午後2時30分ごろ、栃木県那須町(提供写真)

 8日午後2時10分ごろ、栃木県那須町のパラグライダーの管理事務所にいた男性(50)から「スキー場でササの葉が燃えているようだ」と119番通報があった。

 県警那須塩原署によると、火災があったのは、今年3月、登山講習会に参加した高校生ら8人が犠牲になった雪崩事故で講習会の拠点となった那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場。

 同署によると、県内の80代の男性が軽いやけどを負い、この男性は「雪崩事故の犠牲者のために線香を上げようとして新聞紙に火を付けたところ、ササの葉に火が燃え移った」と話している。スキー場東側には献花台が設けられている。

 火は約2時間半後に消し止められ、スキー場のゲレンデ付近の山林約900平方メートルが焼けた。同署が詳しい出火原因を調べている。

このニュースの写真

  • 雪崩事故現場…線香の火が燃え移り山林火災 栃木・那須
  • 雪崩事故現場…線香の火が燃え移り山林火災 栃木・那須

「ニュース」のランキング