産経ニュース

築地市場の土壌汚染調査を開始 都、今月中に結果公表

ニュース 社会

記事詳細

更新


築地市場の土壌汚染調査を開始 都、今月中に結果公表

築地市場で汚染調査のための土壌を採取する作業員=2日、中央区の築地市場 (岩崎雅子撮影) 築地市場で汚染調査のための土壌を採取する作業員=2日、中央区の築地市場 (岩崎雅子撮影)

 豊洲市場(東京都江東区)移転問題で東京都は2日、築地市場(同中央区)の土壌や土中のガスを採取し、有害物質の濃度を分析する土壌汚染調査を開始した。築地市場の土壌をめぐっては、戦後、敷地内にあった米軍のドライクリーニング工場で有害な有機溶剤が使用された疑いなどがあり、都は土壌汚染の可能性があるとしていた。築地市場で同様の土壌調査が行われるのは初めてで、調査結果は小池百合子知事の移転判断に影響を与える可能性がある。

 都によると、5日までに111カ所でサンプルを採取する。都は、豊洲の地下水モニタリング調査で4~8回目を担当したユーロフィン日本環境(横浜市)に今回の調査を委託。同社は分析結果をガスは12日、土壌は26日までに都に報告する見込みで、都は速やかに公表する。

 2日は、買荷の保管所付近で、土中のガス約1リットルと、表層から50センチの土壌約500グラムを採取した。今後、ベンゼンやシアン化合物など23種類の有害物質の含有量を分析する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 築地市場の土壌汚染調査を開始 都、今月中に結果公表
  • 築地市場の土壌汚染調査を開始 都、今月中に結果公表
  • 築地市場の土壌汚染調査を開始 都、今月中に結果公表
  • 築地市場の土壌汚染調査を開始 都、今月中に結果公表

「ニュース」のランキング