産経ニュース

「転職会議」に信用毀損書き込み 運営会社に投稿者情報の開示命令 東京地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


「転職会議」に信用毀損書き込み 運営会社に投稿者情報の開示命令 東京地裁

 転職を検討している人向けに、企業の口コミなどを記載しているインターネットサイト「転職会議」上の投稿で、自社や代表者の名誉や信用を毀損(きそん)されたとして、東京都中央区の広告企画・印刷会社の男性代表者が、転職会議を運営する「リブセンス」(品川区)を相手取り、プロバイダ責任制限法に基づき、投稿の削除や今後損害賠償を請求するために必要な投稿者情報の開示、120万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、東京地裁であった。

 田中秀幸裁判官は「投稿内容が事実であるとは認められない」として、リブセンスに対し、同社が保有している発信者のメールアドレスの開示と、該当する投稿の削除を命じた。損害賠償請求は棄却した。

 判決によると、平成24年4月、「転職会議」の原告会社のページ上に、原告会社の従業員だったとする男性が匿名で「将来性はないに等しい。社長に逆らうとクビになる。過去何人も退職に追い込まれた。平均勤続年数は3年未満というところ」などと投稿した。

 原告会社の男性代表者側はリブセンス側に投稿の削除などを要求したが、リブセンスは応じなかった。このため、男性代表者側がリブセンスを提訴していた。

続きを読む

「ニュース」のランキング