産経ニュース

旅行手配業者が4500万円脱税疑い 国税局告発

ニュース 社会

記事詳細

更新


旅行手配業者が4500万円脱税疑い 国税局告発

 旅行会社からの依頼で訪日外国人客が利用するホテルやバスを手配する「ランドオペレーター」が所得を隠して約4500万円を脱税していたとして、東京国税局が所得税法違反の疑い東京都港区の山本寿弥氏(53)を東京地検に告発していたことが20日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、山本氏はタイの旅行会社に依頼された日本ツアーの手配をめぐって客1人当たりの単価を安く見せ掛け、平成27年末までの4年間で所得を約1億3000万円少なく申告した疑いが持たれている。

 申告から除外した所得は自分や他人名義の口座に預けるなどして隠していたとされる。山本氏は取材に応じていない。

 日本政府観光局(JNTO)によると、28年の訪日外国人客数は約2400万人(暫定値)。このうちタイからの観光客は約90万人で国別では6番目に多く、24年の約26万人に比べて約3・5倍に増えた。

「ニュース」のランキング