産経ニュース

JR京葉線で工事用車両が脱輪、一時運転見合わせ

ニュース 社会

記事詳細

更新


JR京葉線で工事用車両が脱輪、一時運転見合わせ

 20日午前3時40分ごろ、東京都江東区塩浜のJR京葉線越中島-潮見駅間で、信号設備の夜間工事をしていた作業車両が脱輪。車両の荷台に乗っていた60代の作業員男性が腰を打ち、病院に搬送された。

 この影響で、京葉線は始発から東京-新木場駅間で一時運転を見合わせていたが、午前6時10分に再開。2400人の足に影響が出た。

 JR東日本によると、作業車両は道路と線路を走行できるトラック型の車両。信号設備の改良工事で不要となった部品を運ぶ際に脱輪したという。JR東日本で原因を調べている。

「ニュース」のランキング