産経ニュース

【ウワサの現場】群馬でお宝探し 4251万円の持ち主は誰か 「親類のカネだ」相次ぐ問い合わせ、「空き家のタンス預金」説も

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ウワサの現場】
群馬でお宝探し 4251万円の持ち主は誰か 「親類のカネだ」相次ぐ問い合わせ、「空き家のタンス預金」説も

現金が見つかった廃棄物収集運搬会社=沼田市 現金が見つかった廃棄物収集運搬会社=沼田市

 一方、同じ群馬県高崎市で19年、古紙回収業者が古紙に混ざった現金2800万円を発見したが、「いざというときのために備えて、隠していた」と持ち主の80代女性(当時)が名乗り出て、無事返還された例もあった。

 今回の4251万円も、3カ月の間に持ち主が名乗り出なければ、沼田市の廃棄物収集処理業者のものになる。

 ただ、「延べ板のその後は」「4251万円を受け取ることになったらどうするか」という記者の質問に、この業者の関係者は「何も言えない」と堅く口を閉ざすばかりだった。

 第一生命経済研究所によると、今年2月末段階で国内で現金としてため込まれているタンス預金の総額は43兆2千億円と試算されるという。知られないままのお宝が全国各地で眠っている可能性が高い。

このニュースの写真

  • 群馬でお宝探し 4251万円の持ち主は誰か 「親類のカネだ」相次ぐ問い合わせ、「空き家のタンス預金」説も
  • 群馬でお宝探し 4251万円の持ち主は誰か 「親類のカネだ」相次ぐ問い合わせ、「空き家のタンス預金」説も
  • 群馬でお宝探し 4251万円の持ち主は誰か 「親類のカネだ」相次ぐ問い合わせ、「空き家のタンス預金」説も

「ニュース」のランキング