産経ニュース

宮城沖で発見の骨は震災不明男性と判明

ニュース 社会

記事詳細

更新


宮城沖で発見の骨は震災不明男性と判明

 気仙沼海上保安署(宮城県気仙沼市)は17日、同市の沖合で1月24日に見つかった骨をDNA鑑定した結果、東日本大震災で行方不明となっていた同市本吉町中川内のトラック運転手、佐藤友和さん=当時(30)=の骨と判明したと発表した。

 同署によると、同市・大谷海岸の南東約5キロ地点で、漁網に引っ掛かっているのを漁船が発見。調査で、すねの骨と分かった。

「ニュース」のランキング