産経ニュース

【千葉・9歳女児遺体】動いた形跡なし、各所にコケも…捜査本部が注目する渋谷容疑者のキャンピングカー

ニュース 社会

記事詳細

更新

【千葉・9歳女児遺体】
動いた形跡なし、各所にコケも…捜査本部が注目する渋谷容疑者のキャンピングカー

レェ・ティ・ニャット・リンさん(フェイスブックより) レェ・ティ・ニャット・リンさん(フェイスブックより)

 千葉県我孫子市でベトナム国籍の同県松戸市立六実(むつみ)第二小3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体が見つかった事件で、千葉県警捜査本部は、同小保護者会会長の渋谷恭正(やすまさ)容疑者(46)=死体遺棄容疑で逮捕=が自身の所有するキャンピングカーにリンさんを連れ込んだ可能性があるとみて捜査を進めている。キャンピングカーは自宅から離れた駐車場に長期間止めたままで、走らせた様子はほとんどなかった。車内に1人でこもる渋谷容疑者らしき人物の姿がたびたび目撃されていた。

 「あの車のことについて聞きたい」。リンさんの遺体発見から1週間余りがたった4月上旬、県警捜査員が松戸市の60代男性を訪れた。「車」とは男性の自宅前の駐車場に止めてあった渋谷容疑者のキャンピングカー。東武野田線六実駅を挟んで約150メートル離れた先に渋谷容疑者の自宅マンションがあった。

 駐車場奥の2台分のスペースに5年以上止めており、動かした形跡はほとんどない。車体にはコケが生えるなど汚れが目立っていたといい、男性は「何に使っているのか分からず気持ち悪かった」と振り返る。

 キャンピングカーにはたびたび、渋谷容疑者とみられる人物が軽自動車に乗って訪れ、電気をつけて作業をしていたという。「アウトドアに出かけている様子はまったくなかった」(近所の住人)

続きを読む

このニュースの写真

  • 動いた形跡なし、各所にコケも…捜査本部が注目する渋谷容疑者のキャンピングカー

「ニュース」のランキング