産経ニュース

【川崎踏切事故】高齢男性は自殺図ったか 家族に「死にたい」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【川崎踏切事故】
高齢男性は自殺図ったか 家族に「死にたい」

男性2人が電車にはねられて死亡した京急電鉄の踏切=15日、川崎市川崎区 男性2人が電車にはねられて死亡した京急電鉄の踏切=15日、川崎市川崎区

 川崎市川崎区の京急電鉄八丁畷駅前の踏切で、横浜銀行に勤務する児玉征史(まさし)さん(52)=横浜市鶴見区尻手=が踏切内にいた高齢男性を救助しようとして2人とも電車にはねられ死亡した事故で、高齢男性が自殺をしようとしていたとみられることが17日、神奈川県警川崎署への取材で分かった。同署は、高齢男性について、身体的特徴や所持品などから現場近くに住む無職の77歳と特定。引き続き当時の詳しい状況などを調べている。

 同署によると、男性は以前から、同居する家族に「死にたい」などと話していた。事故当日の15日は、家族が外出中にひとりで家を出たとみられるという。

 事故は同日午前9時10分ごろに発生。男性は警報灯が光り始めてから踏切内に立ち入り、中で立ち止まっている様子が付近の防犯カメラに写っていた。その後、児玉さんがすでに完全に下りていた遮断機を持ち上げて踏切内に入り、男性を救助しようとしたとみられる。

このニュースの写真

  • 高齢男性は自殺図ったか 家族に「死にたい」
  • 高齢男性は自殺図ったか 家族に「死にたい」

「ニュース」のランキング