産経ニュース

木嶋被告の死刑確定へ 首都圏連続不審死事件 最高裁が上告棄却

ニュース 社会

記事詳細

更新


木嶋被告の死刑確定へ 首都圏連続不審死事件 最高裁が上告棄却

 首都圏連続不審死事件で交際していた男性3人への殺人罪などに問われ、1、2審で死刑とされた土井(旧姓・木嶋)佳苗被告(42)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は14日、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。

 自白や目撃証言など、殺人罪への被告の関与を示す直接証拠はなく、弁護側は「状況証拠のみで有罪とした事実認定には誤りがある」として無罪を主張。「3人は自殺などの可能性があり、殺害されたとしても被告が犯人という立証は不十分」としていた。

 1、2審判決によると、被告は平成21年1~8月、東京都と千葉、埼玉の両県で、交際していた寺田隆夫さん=当時(53)、安藤建三さん=同(80)、大出嘉之さん=同(41)=を、練炭による一酸化炭素中毒などで殺害するなどした。このほかに、別の男性から金銭をだまし取った詐欺罪など計10事件で起訴されていた。

 1審さいたま地裁は、被害者の死亡時刻と近い時間に現場を立ち去っていること、現場に残されていたのと同種の練炭コンロを入手していたことなどから被告を有罪と認定。求刑通り死刑を言い渡し、2審東京高裁も支持した。

「ニュース」のランキング