産経ニュース

「ろくでなし子」五十嵐恵被告、2審も有罪 検察・弁護側双方の控訴棄却 東京高裁 

ニュース 社会

記事詳細

更新


「ろくでなし子」五十嵐恵被告、2審も有罪 検察・弁護側双方の控訴棄却 東京高裁 

五十嵐恵被告 五十嵐恵被告

 自身の女性器の3D(立体)データを提供したなどとして、わいせつ電磁的記録頒布やわいせつ物陳列などの罪に問われたペンネーム「ろくでなし子」の漫画家、五十嵐恵被告(45)の控訴審判決公判が13日、東京高裁で開かれた。秋吉淳一郎裁判長(大熊一之裁判長代読)は「1審の判断は是認できる」とし、一部を有罪として罰金40万円を言い渡した1審東京地裁の判断を支持し、検察側、弁護側双方の控訴を棄却した。

 1審判決は、3Dデータの頒布について「女性器の立体的な情報であり、社会的な道徳観念を害する危険性があり、正当化できない」と有罪を認定。一方、自身の女性器をかたどり、着色するなどした石膏製作品を東京都内のアダルトショップに展示したとするわいせつ物陳列罪については、「ビーズなどによる装飾や着色が施されており、一見して女性器を連想させるものではなく、わいせつ性には当たらない」として、無罪としていた。

 判決によると、五十嵐被告は平成25年~26年、表現活動への資金支援者に対し、自身の性器の形状を3Dプリンターで再現できるデータを配布。また同年7月、都内のアダルトショップで女性器をかたどった石膏作品を展示した。

「ニュース」のランキング