産経ニュース

米の小学校教室で発砲 妻の教師殺害後に自殺、巻き添え児童2人死傷 カリフォルニア州

ニュース 社会

記事詳細

更新


米の小学校教室で発砲 妻の教師殺害後に自殺、巻き添え児童2人死傷 カリフォルニア州

10日、米カリフォルニア州サンバーナディーノの小学校で発砲事件後、警戒に当たる警官(ゲッティ=共同) 10日、米カリフォルニア州サンバーナディーノの小学校で発砲事件後、警戒に当たる警官(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス=中村将】米カリフォルニア州サンバーナディーノの小学校の教室で10日、男が拳銃を発砲し、女性教師(53)と児童2人が撃たれた。教師は死亡、児童のうちの1人も搬送先の病院で死亡が確認された。もう1人の児童は重傷。男は現場で自殺した。地元警察は男が無理心中を図ったとみて、調べている。

 地元警察によると、男は教師の夫、セドレック・アンダーソン容疑者(53)。同容疑者は同日午前10時25分ごろ、サンバーナディーノ市内の公立小学校の教室内に入り込み、教師に向けて数発を発砲した。児童2人は教師のそばにいたといい、巻き添えになったとみられる。亡くなったのは8歳の男児で、重傷となったのは9歳の男児。

 同容疑者は小学校の事務室を訪れ、自分の名前を伝えるなど正規の手続きをした上で校内に入った。警察関係者によると、教師と同容疑者は数カ月前に結婚したが、約1カ月前から別居していた。

 米紙ロサンゼルス・タイムズによると、教育委員会が事件を知らせるために関係者に一斉送信した電子メールには「事件にはドメスティックバイオレンス(DV)が関係している可能性がある」と記されていた。

 サンバーナディーノでは2015年12月、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に傾倒していた容疑者夫婦が福祉施設で行われていたクリスマスパーティーで銃を乱射し、14人が死亡する事件があった。

「ニュース」のランキング