産経ニュース

中核派の非公然活動家を逮捕 免状不実記載の疑い

ニュース 社会

記事詳細

更新


中核派の非公然活動家を逮捕 免状不実記載の疑い

 嘘の住所を免許証に記載したとして、警視庁公安部は3日、免状不実記載の疑いで住所、職業不詳の過激派「中核派」の非公然活動家、八木康行容疑者(45)を逮捕した。公安部によると、黙秘している。

 公安部は昭和46年の渋谷暴動事件で、警察官を殺害したとして指名手配されている中核派の大坂正明容疑者(67)の動向解明につながるとみて、捜査を進める。

 逮捕容疑は平成26年12月、東京都江東区の警視庁江東運転免許試験場で運転免許を更新する際、実際には住んでいない江戸川区内にある同派の活動拠点「前進社」を住所と装って、届け出たとしている。

「ニュース」のランキング