産経ニュース

フジテレビ元記者に罰金30万円 車購入で名義貸し

ニュース 社会

記事詳細

更新


フジテレビ元記者に罰金30万円 車購入で名義貸し

 フジテレビ記者だった社員が指定暴力団関係者が乗用車を購入する際に名義を貸していたとして書類送検された事件で、東京区検は28日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の罪で、フジテレビ元記者の男性社員(32)=東京都品川区=と暴力団関係者(59)=新宿区=を略式起訴した。東京簡裁は同日、元記者に罰金30万円、暴力団関係者に罰金40万円の略式命令を出した。

 起訴状などによると、平成27年3月、暴力団関係者の高級外車を購入する際に元記者の名義を貸し、使用者などを元記者と偽って国土交通省関東運輸局に申請し、登録したとしている。

 捜査関係者によると、車はその後、指定暴力団山口組関係者などが使用していたことが警視庁組織犯罪対策3課に確認されている。元記者は当時、警視庁の記者クラブに所属。暴力団関係者の男とは取材を通じて知り合い、何度も飲食接待を受けていた。

「ニュース」のランキング