産経ニュース

【朴政権崩壊】朴槿恵氏VS検察の攻防 収賄容疑が焦点、検察は女性前大統領の逮捕に踏み切るのか

ニュース 社会

記事詳細

更新

【朴政権崩壊】
朴槿恵氏VS検察の攻防 収賄容疑が焦点、検察は女性前大統領の逮捕に踏み切るのか

ソウル中央地検に出頭するため自宅を出る朴槿恵前大統領=21日、ソウル(聯合=共同) ソウル中央地検に出頭するため自宅を出る朴槿恵前大統領=21日、ソウル(聯合=共同)

 逮捕の賛否をめぐっても旧与党・野党陣営で真っ二つに割れている。旧与党の大統領選候補らが21日、「逃走の恐れがなく、在宅捜査にとどめるべきだ」と主張したのに対し、最大野党「共に民主党」候補の1人、李在明(イ・ジェミョン)城南(ソンナム)市長は「容疑を否認している限り、逮捕が当然だ」と強調した。

 検察には大統領経験者の捜査で苦い経験がある。2009年、不正資金の授受疑惑で取り調べを受けた盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領は、検察が逮捕状を請求すべきか検討していた最中に自殺した。

 今回、朴氏の逮捕となれば、罷免決定後に一部が暴徒化し、死傷者を出した朴氏支持者らが再び抵抗を示し、さらなる混乱を招きかねない。検察は最も判断が難しい局面を迎えている。

このニュースの写真

  • 朴槿恵氏VS検察の攻防 収賄容疑が焦点、検察は女性前大統領の逮捕に踏み切るのか
  • 朴槿恵氏VS検察の攻防 収賄容疑が焦点、検察は女性前大統領の逮捕に踏み切るのか
  • 朴槿恵氏VS検察の攻防 収賄容疑が焦点、検察は女性前大統領の逮捕に踏み切るのか
  • 朴槿恵氏VS検察の攻防 収賄容疑が焦点、検察は女性前大統領の逮捕に踏み切るのか
  • 朴槿恵氏VS検察の攻防 収賄容疑が焦点、検察は女性前大統領の逮捕に踏み切るのか

「ニュース」のランキング