産経ニュース

【豊洲・石原元知事証人喚問詳報(3)】「地下水の基準、厳しすぎたかも」と反省も…「豊洲の運用にどんな問題があるんですか」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【豊洲・石原元知事証人喚問詳報(3)】
「地下水の基準、厳しすぎたかも」と反省も…「豊洲の運用にどんな問題があるんですか」

百条委員会に臨む石原慎太郎元都知事=20日午後、東京都新宿区(古厩正樹撮影) 百条委員会に臨む石原慎太郎元都知事=20日午後、東京都新宿区(古厩正樹撮影)

 「受けたか受けていないか覚えていません。担当者に一任していたので」

 《石原氏にヤジを飛ばす傍聴席に対し、またも委員長が「そこの傍聴人に退場を命じます」と指示を出した》

 --約590億円の巨額の汚染対策費負担を東ガスに求めないという内容。この時期、あなたは約400億円の新銀行への融資について語っている。記憶にないことはあり得ない。岡田氏は知事への説明について証言しているし、資料もある。

 「だったら何ですか。記憶にないものはありません。私はどうすべきだったと言うんですか」

 --覚えていないということは到底信じられない。次の質問に移る。あなたは豊洲は安全だから早く移転すべきだというが、昨日、環境基準の100倍のベンゼンが検出された。あなたがしていた「環境基準以下にする」という約束と矛盾しないか。

 「地下水について厳しい基準を設定したことは間違いありません。しかし、厳しすぎたかもしれません。濾過(ろか)してポンプアウトすればいいのではありませんか。地下水を魚洗うのに使うわけではありません。地下水は豊洲の運用にどんな問題があるんですか」

 --最初に設定した基準が厳しすぎたというのは、とんでもない話。食の安全を守るというのでは最初から豊洲へ移転すべきではなかった。既にポンプアップはしている。それでも汚染が検出されている。昨日の専門家会議に駆けつけた(市民の)皆さんは大変怒っている。対策に約860億円も使ったが、一体これからいくら使うのか。石原証人には真相究明まで質疑に応じるよう求めて尋問を終わる

 《石原氏から「環境基準が厳しすぎた」との発言を引き出したものの、石原氏の反論に十分答えられないまま、質問者が交代になった》

=(4)に続く

次のニュース

豊洲市場百条委のニュース

このニュースの写真

  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長
  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長
  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長
  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長
  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長
  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長
  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長
  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長

関連トピックス

「ニュース」のランキング