産経ニュース

【豊洲・石原元知事証人喚問詳報(2)】自民党の質問は石原氏の正当性の追認? 騒ぐ傍聴人に退場命令 移転は「審議会から上がってきた以上尊重するしかない」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【豊洲・石原元知事証人喚問詳報(2)】
自民党の質問は石原氏の正当性の追認? 騒ぐ傍聴人に退場命令 移転は「審議会から上がってきた以上尊重するしかない」

百条委員会に臨む石原慎太郎元都知事=20日午後、東京都新宿区(古厩正樹撮影) 百条委員会に臨む石原慎太郎元都知事=20日午後、東京都新宿区(古厩正樹撮影)

前のニュース

 《豊洲市場(東京都江東区)の移転問題を検証する都議会百条委員会は、元知事の石原慎太郎氏に対する証人喚問が続いている。質問者は、自民党のきたしろ勝彦議員から同党の古賀俊昭都議に交代した。自民の両都議の質問は、石原氏を追及しているのか、それとも石原氏の当時の判断の正当性を追認するものなのかはっきりせず、傍聴席はざわめきだした》

 --市場移転をめぐっては、老朽化した築地市場の問題などを認識し、都も議会も協力しながら進めてきた。石原氏は平成11年9月1日、防災の日に築地市場を視察されているが、その時の印象はどうだったか

 「市場として極めて不適格だと考えました。耐震性の面でも働いている人にも危険だと。アスベスト(石綿)も大量に飛散するなどしていたんです」

 --当時の事務引き継ぎ書を読むと、“豊洲地区地権者”などといった記述があり、豊洲地区を意識していたことが分かる。豊洲が有力な移転候補地となる中、交渉担当者を福永正通元副知事から浜渦武生元副知事に変更した理由は

 「福永氏の能力不足ではありません。温厚な人ですしね。ただし、都は『何としても豊洲を買いたい』、東京ガスは『開発計画もあり売りたくない』。そういう難しい交渉でした。当時の東京は財政再建団体に転落するところでした。それを防ぐために職員歳費カットが必要で、浜渦氏は受け入れてくれた。4000億円の余裕ができ、それが東京五輪誘致に使われました。それくらい有能だった浜渦氏に全権を渡し、交渉を任せたのであります」

続きを読む

豊洲市場百条委のニュース

このニュースの写真

  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長
  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長
  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長
  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長
  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長
  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長
  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長
  • 【豊洲百条委速報(1)】証人喚問始まる 「豊洲は市場用地として好ましくないというスタンスだった」と森沢元市場長

関連トピックス

「ニュース」のランキング