産経ニュース

【豊洲・浜渦元副知事証人喚問詳報(6)】交渉内容本当に知らなかったの? 「都のひどい話ですから…」の回答に議場で笑い

ニュース 社会

記事詳細

更新

【豊洲・浜渦元副知事証人喚問詳報(6)】
交渉内容本当に知らなかったの? 「都のひどい話ですから…」の回答に議場で笑い

都議会の百条委員会に臨む浜渦武生元東京都副知事=19日午後、東京都新宿区(納冨康撮影) 都議会の百条委員会に臨む浜渦武生元東京都副知事=19日午後、東京都新宿区(納冨康撮影)

 --初期の段階から、東ガスの姿勢は汚染土壌の処理範囲はできるだけ少なくしようとしている。都が確認した全ての汚染を処理するのでしょうね、という問いかけをしたが、東ガスは汚染レベルが高いところから処理する、とのことだった。売却時にまで汚染が残るとも言っている。15年時点で。全く証人はそういうやり取りを知らないということか

 「都のひどい話ですから報告を受けておりません」

 《交渉担当から外れた後、都幹部から報告がなかったことを「ひどい話」と表現すると、議場では笑いが漏れた》

 --私に向かって言われても困る。報告を受けていないというのは信じがたい。東ガスの記録だと思うが、浜渦副知事(当時)宛の文書ですが、15年5月22日付で、浜渦副知事様となっている。文書の表題は「豊洲地区土壌汚染対策について」。発信者は3人が連名になっている。知事本局、環境局、中央卸売市場と移転に関わる部署の3人が連名で出した。その中に、その時点で東ガス側が協議の中でどう主張しているのかも書いてある。「10倍以上の汚染土壌は後で処理するが、売却前に処理する必要はない。建設時にすればいい」という趣旨のものもある。都としてどう対応するのか、証人にお伺いを立てるという意味の文書だが、そういうのを受け取ったことはないか

続きを読む

「ニュース」のランキング