産経ニュース

【福島第1原発事故】1号機格納容器汚染水内で1・5シーベルトを確認 燃料デブリは確認できず

ニュース 社会

記事詳細

更新

【福島第1原発事故】
1号機格納容器汚染水内で1・5シーベルトを確認 燃料デブリは確認できず

1号機格納容器にたまった汚染水の中から底に向けて撮影した画像。バルブや配管などが確認できたが、燃料デブリにつながる情報は得られなかった(国際廃炉研究開発機構提供) 1号機格納容器にたまった汚染水の中から底に向けて撮影した画像。バルブや配管などが確認できたが、燃料デブリにつながる情報は得られなかった(国際廃炉研究開発機構提供)

 東京電力は19日、福島第1原発1号機の格納容器内調査で、18日に投入した自走式ロボットが格納容器にたまった汚染水の中で毎時1・5シーベルトの放射線量を測定したと発表した。水中の放射線量は線源から1メートル離れると100分の1に減るとされ、周囲に高い線源があるとみられるが、溶融した燃料(燃料デブリ)の可能性について東電は「別の場所のデータと比較しないと分からない」としている。

 東電は18日の調査で撮影した画像も公開。汚染水につかった配管やバルブなどが確認できたが、燃料デブリにつながる情報は得られなかった。汚染水は濁っていることも予想されたが、東電は「比較的見通すことができた」と、今後の調査への手応えを語った。

 調査は格納容器1階部分の格子状の足場に投入したロボットから、地下にたまった汚染水の中にカメラと線量計をつり下げて実施。床面から高さ約1メートルのところまで降ろした。

 1、2月に行った2号機の格納容器内調査では、気中で毎時650シーベルトが推計される場所が見つかっている。

このニュースの写真

  • 1号機格納容器汚染水内で1・5シーベルトを確認 燃料デブリは確認できず
  • 1号機格納容器汚染水内で1・5シーベルトを確認 燃料デブリは確認できず

「ニュース」のランキング