産経ニュース

GPS別事件も違法確定へ 最高裁大法廷判決受け

ニュース 社会

記事詳細

更新


GPS別事件も違法確定へ 最高裁大法廷判決受け

 裁判所の令状なしに車に衛星利用測位システム(GPS)発信器を取り付けた捜査の違法性が争われた事件で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)が、窃盗罪などに問われた平手帝丈被告(45)=愛知県小牧市=の上告を棄却する決定をしていたことが分かった。

 捜査を違法と認めた上で、得られた関連証拠は有効として懲役6年を宣告した1、2審判決が確定する。決定は、最高裁大法廷が別事件の判決で、令状のないGPS捜査は違法と初判断したのと同じ15日付。大法廷判決を受け処理したとみられる。

 1審名古屋地裁判決によると、被告は平成25~26年、岐阜、愛知両県のマンションや店に侵入し、現金やカメラを盗んだ。

「ニュース」のランキング