産経ニュース

【豊洲百条委速報(4)】東京ガスと土壌汚染対策費78億円で契約 岡田至・元市場長「一義的な責任は私に…」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【豊洲百条委速報(4)】
東京ガスと土壌汚染対策費78億円で契約 岡田至・元市場長「一義的な責任は私に…」

都議会の百条委員会で、質問に答える元中央卸売市場長の岡田至氏=18日午後、東京都新宿区(古厩正樹撮影) 都議会の百条委員会で、質問に答える元中央卸売市場長の岡田至氏=18日午後、東京都新宿区(古厩正樹撮影)

 しかし、「(契約締結までの)時間が少なくなり、条件がかなりつまってきた中で、東ガスが『新たな負担を出す限りは、ここで区切りをつける。精算払いはあり得ない』と非常に強く主張していた」と説明。「われわれとしては東ガスに合意してもらうために、東ガス側の意見、考え方を採用せざるをえない。採用して合意を目指すべきという判断をした」と明かした。

 さらに、「当時、都と東ガスの間で負担の合意は用地取得の大前提となっていた。東ガスの『これ以上の負担はないと明示してほしい』という(条件を)を飲まない限り永遠に合意できないと判断した。東ガスにとって絶対条件だった」と当時の心境を話した。

 公明党の小林健二都議から、最終的に決まった78億円が、過去の打ち合わせで算出された費用より約17%高いと指摘され、「東ガスが将来の負担をしなくていいように、多めに払ったという認識はあったか」と尋ねられると、岡田氏は「これを入れたから瑕疵担保というふうに私は理解していない」と応じた。

「ニュース」のランキング