産経ニュース

労災認定社員は過労自殺 パナソニックを書類送検 残業、月138時間の疑い 富山の労基署

ニュース 社会

記事詳細

更新


労災認定社員は過労自殺 パナソニックを書類送検 残業、月138時間の疑い 富山の労基署

 富山県砺波市のパナソニックデバイスソリューション事業部の富山工場に勤務していた社員3人に最長で月138時間の違法な長時間残業をさせたとして、砺波労働基準監督署は15日、労働基準法違反の疑いで法人としてのパナソニック(大阪府門真市)と、労務管理担当の40代と30代の男性幹部2人を書類送検した。昨年6月に死亡し労災認定を受けていた社員は、過労による自殺だったことも判明した。

 長時間労働が原因の過労死認定は電通や関西電力などで相次ぎ、政府は働き方改革の実行計画を月内にまとめるが、長時間労働抑制への具体策づくりには課題が残ったままだ。

 書類送検容疑は平成27年12月~28年6月、同工場に勤めていた社員3人に対し、労使協定の上限を超える違法な長時間労働をさせていたとしている。3人の最も長い残業時間はそれぞれ月97~138時間だった。過労自殺を端緒に調査が始まったという。

続きを読む

「ニュース」のランキング