産経ニュース

患者暴行死事件裁判 元准看護師1人に無罪判決 千葉地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


患者暴行死事件裁判 元准看護師1人に無罪判決 千葉地裁

入院中だった男性患者の上に覆いかぶさるなどしている看護師2人の画像。遺族は、右の看護師に顔を踏まれていると主張する。男性はこの日に首を骨折、後に死亡した=平成24年1月1日午後(遺族提供) 入院中だった男性患者の上に覆いかぶさるなどしている看護師2人の画像。遺族は、右の看護師に顔を踏まれていると主張する。男性はこの日に首を骨折、後に死亡した=平成24年1月1日午後(遺族提供)

 千葉市中央区の医療法人石郷岡病院の精神科の男性患者=死亡当時(36)=に暴行を加え死亡させたとして、傷害致死罪に問われた当時の准看護師の菅原巧被告(63)=同市若葉区=と田中清被告(67)=千葉県市川市=に対する裁判員裁判の判決公判が14日、千葉地裁で開かれ、高橋康明裁判長は菅原被告に罰金30万円(求刑懲役8年)、田中被告に無罪(同)を言い渡した。

 起訴状などによると、両被告は同病院の准看護師だった平成24年1月1日、病院内の保護室で、重度の精神障害で入院していた男性に対し、共謀して顔を足で数回踏みつけ、膝で首を押さえつけるなどの暴行を加え、頸髄(けいずい)損傷などのけがを負わせ、そのけがを原因とする肺炎により26年4月28日に死亡させたとしている。

関連ニュース

「ニュース」のランキング