産経ニュース

【豊洲百条委速報】(7)上原英治東京ガス元会長「都に豊洲には土壌汚染があると強調した」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【豊洲百条委速報】
(7)上原英治東京ガス元会長「都に豊洲には土壌汚染があると強調した」

都議会の調査特別委員会(百条委員会)で答弁する東京ガスの市野紀生元会長=11日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 都議会の調査特別委員会(百条委員会)で答弁する東京ガスの市野紀生元会長=11日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 豊洲市場(東京都江東区)の移転問題を検証する都議会の百条委員会で、上原英治・東京ガス元会長は、豊洲の土壌汚染に対する考え方について、都からの売却申し入れがあった際、「都に対しては豊洲地区の根本部と先端部では、汚染状況が違いますと強調した」と述べた。

 上原氏は土壌汚染問題について「豊洲の問題以前から問題になっている。東ガスとしては社有地を調査して結果を公表もした」と経緯を説明。そのうえで、市場移転問題の前に、すでに豊洲地区の開発問題があり、これには都と協力して街作り協議を進めてきた経緯があるとも話した。

 上原氏は「当然ながら、豊洲の土壌調査も(街作りの)前段階で必要だろうと、会社としては1年以上かけて調査をやった。その時期に福永正通(元副知事)氏から築地市場を移転したいと話がきた。土壌対策は必要だろうと思っていたが、市場となれば一般とは話が違う。都には『土壌汚染があります』と強調して説明した。使い道についても対策は変わってくると思っていた」と語った。

 また、豊洲の用地買収交渉について浜渦武生元副知事が提案したとされる「水面下交渉」という考えについて、同社元会長の市野紀生氏は「テーマが広くて、つかさ、つかさでやらないと話が前に進まない。ガスは管財部、土地は所有していた子会社の豊洲開発の社長らが担当した」と述べ、あくまでも実務者会議レベルであるとの認識を示した。

このニュースの写真

  • (7)上原英治東京ガス元会長「都に豊洲には土壌汚染があると強調した」
  • (7)上原英治東京ガス元会長「都に豊洲には土壌汚染があると強調した」
  • (7)上原英治東京ガス元会長「都に豊洲には土壌汚染があると強調した」

関連ニュース

「ニュース」のランキング