産経ニュース

福島原発事故の除染めぐり贈収賄、環境省出先機関の職員逮捕 キャバクラや旅行接待

ニュース 社会

記事詳細

更新


福島原発事故の除染めぐり贈収賄、環境省出先機関の職員逮捕 キャバクラや旅行接待

 東京電力福島第1原発事故をめぐる除染事業に下請け業者として参入させる見返りに、飲食や旅行などの接待を受けていたとして、警視庁と福島県警の合同捜査本部は2日、収賄容疑で、環境省の出先機関「福島環境再生事務所」専門官の鈴木雄二容疑者(56)=福島県南相馬市原町区桜井町=を、贈賄容疑で、建設会社「大開工業」前社長の小杉幹雄容疑者(63)=富山県高岡市角=を逮捕した。

 除染事業に絡む贈収賄事件の摘発は全国で初めてという。警視庁捜査2課によると、ともに容疑を認めている。

 鈴木容疑者は平成27年3月、民間から福島環境再生事務所に就職。除染事業の進行管理などの職務に従事していた。職務を通じ、今年2月まで社長を務めていた小杉容疑者と知り合ったとみられる。

 逮捕容疑は27年9月~28年6月、福島環境再生事務所が発注した福島県浪江町の除染事業の元請け業者に対し、大開工業を下請け業者として推奨するなどして事業の参入に便宜を図る見返りに、富山県高岡市への旅行やキャバクラでの飲食など二十数万円相当の接待を受けたなどとしている。

「ニュース」のランキング