産経ニュース

【アスクル火災】倉庫火災、発生から13日目でようやく鎮火

ニュース 社会

記事詳細

更新

【アスクル火災】
倉庫火災、発生から13日目でようやく鎮火

猛煙をあげるアスクルの物流倉庫火災=2月19日午後2時25分、埼玉県三芳町 猛煙をあげるアスクルの物流倉庫火災=2月19日午後2時25分、埼玉県三芳町

 埼玉県三芳町上富の通販会社「アスクル」の物流倉庫で2月16日に発生した火災で、県は28日、発生から13日目の同日午後5時に鎮火したと発表した。入間東部地区消防組合と県警などは1日午前9時半から、合同で出火原因の調査を行う。

 消防によると、鉄骨3階建ての倉庫は前日までに1、2階がほぼ鎮火しており、28日は3階を中心に確認作業を行った。倉庫内の温度は平常値に戻り、残火もなくなったという。

 火災は2月16日朝、1階北西側の使用済み段ボール置き場付近から出火しているのを従業員が発見。倉庫内にいた男性従業員2人が煙を吸って軽傷を負った。

 窓などの開口部が少なく倉庫内が非常に高温となったため、消火活動は難航。壁に重機で穴を開けて注水するなど24時間体制で消火作業を続け、22日朝に延焼の恐れがない鎮圧状態となった。25日には200度に達する場所も確認されたが、堆積物を崩すなどして作業を進めた。焼失面積は約4万5千平方メートルに上った。

 火災を受けて同町は近隣の6世帯16人に一時、避難勧告。小中学校3校でグラウンドでの体育や部活動を中止するよう指示した。

このニュースの写真

  • 倉庫火災、発生から13日目でようやく鎮火
  • 倉庫火災、発生から13日目でようやく鎮火
  • 倉庫火災、発生から13日目でようやく鎮火
  • 倉庫火災、発生から13日目でようやく鎮火

「ニュース」のランキング