産経ニュース

【女子大生ストーカー刺傷】ファンの男に懲役14年6月判決 東京地裁立川支部

ニュース 社会

記事詳細

更新

【女子大生ストーカー刺傷】
ファンの男に懲役14年6月判決 東京地裁立川支部

岩埼友宏被告 岩埼友宏被告

 東京都小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた大学生の冨田真由さん(21)が刺されて一時重体となった事件で、殺人未遂罪などに問われたファンの無職、岩埼(いわざき)友宏被告(28)の裁判員裁判の判決公判が28日、東京地裁立川支部で開かれた。阿部浩巳裁判長は、岩埼被告に懲役14年6月(求刑懲役17年)を言い渡した。

 公判では冨田さんが「普通に過ごすはずだった毎日を返してほしい。傷のない体を返してほしい」と意見陳述。その際、岩埼被告が「じゃあ殺せよ」などと大声を出し、退廷を命じられる場面もあった。

 起訴状などによると、岩埼被告は昨年5月21日午後5時5分ごろ、小金井市本町のライブハウスが入る建物で、出演予定だった冨田さんの首や胸をナイフで多数回刺して殺害しようとしたとされる。

 冨田さんは一時意識不明の重体となり、現在も口や舌、視力などに後遺症がある。

「ニュース」のランキング