産経ニュース

自転車競技で重体男性が死亡 埼玉・行田

ニュース 社会

記事詳細

更新


自転車競技で重体男性が死亡 埼玉・行田

 19日午前9時5分ごろ、埼玉県行田市長野の市道で行われていた自転車競技で、自転車4台が絡む事故があった。この事故で山形県東根市若木通り、自営業、西塔昭彦さん(55)が頭を強く打ち重体となっていたが、その後死亡。埼玉県鴻巣市の男性(53)が鎖骨などを折る重傷で病院に搬送された。

 行田署によると、競技は「浮城のまち行田クリテリウム」。1周2・7キロのコースを4周するレースで、4台は最終周のゴールまで残り約100メートルの地点で接触した。同署が事故の原因を調べる。

 主催者の埼玉県自転車競技連盟によると、50歳以上の選手13人が参加するレースで事故が起きた。ゴール手前は直線で、当時追い風が吹いていたことから、時速50キロ程度のスピードが出ていたとみられるという。

「ニュース」のランキング