産経ニュース

「贈り物だと信じていた…」覚醒剤密輸のシンガポール男性に無罪判決 東京地裁のやり直し裁判員裁判

ニュース 社会

記事詳細

更新


「贈り物だと信じていた…」覚醒剤密輸のシンガポール男性に無罪判決 東京地裁のやり直し裁判員裁判

 覚醒剤を密輸したとして覚せい剤取締法違反罪などに問われたシンガポール国籍の男性被告(68)の差し戻し裁判員裁判の判決公判が17日、東京地裁で開かれた。大野勝則裁判長は「荷物に違法薬物が隠されているかもしれないと認識していたとまでは言えない」として、無罪(求刑懲役12年、罰金700万円)を言い渡した。

 男性は平成25年9月に覚醒剤約9キロをキャリーケースに隠して羽田空港から入国し、密輸したなどとして起訴された。公判では「違法薬物が隠されていることは知らなかった」と無罪を主張していた。

 1度目の裁判員裁判で東京地裁は27年3月、懲役12年、罰金700万円としたが、東京高裁が手続きの誤りを指摘して1審を破棄し、審理を地裁に差し戻した。

 差し戻し裁判で弁護側は「知人の依頼で荷物を運び、中身は贈り物だとの説明を信じていた」などと主張。大野裁判長は、鑑定人の証言などから「他にも多額の詐欺的被害にあっていることや、だまされやすいという心理学的特性などに照らせば、疑いを持たずに荷物を運んだ可能性を否定できない」と判断した。

 審理では1度目の裁判での被告人質問などの録画を約8時間再生。法曹三者が1度目の裁判の調書を読み上げ、“再現”する手法も採用された。判決後に会見した裁判員は「録画は休憩をはさみながら見たので集中力が切れることはなく、合理的な方法だと思った」と話した。

「ニュース」のランキング