産経ニュース

無免許運転で5歳児を補導 山梨 公道でポケットバイク運転疑い

ニュース 社会

記事詳細

更新


無免許運転で5歳児を補導 山梨 公道でポケットバイク運転疑い

 公道でミニチュアサイズのオートバイ、ポケットバイクを運転したとして山梨県警が昨年9月、5歳だった男児を道交法違反(無免許運転)の疑いで補導していたことが14日、県警への取材で分かった。

 警察庁によると、未就学児の補導は年に数十人程度で、無免許運転はほとんど例がないという。

 県警によると、男児は昨年9月、父親の立ち会いの下、県内の一般道でポケットバイクを運転した。目撃者が警察に通報し、警察官が父親から事情聴取。父親に口頭で指導し、男児を補導した。父親は「反省している」と話したという。

 ポケットバイクは免許がなくても、サーキット場や私道で乗ることは可能。ナンバープレートを取得すれば公道でも走行できるが、今回のバイクは保安基準を満たしていなかった。

「ニュース」のランキング