産経ニュース

朝日新聞社への33万円賠償命令確定 カジノ巡る名誉毀損訴訟

ニュース 社会

記事詳細

更新


朝日新聞社への33万円賠償命令確定 カジノ巡る名誉毀損訴訟

朝日新聞社屋=2014年11月14日午後、東京都中央区(川口良介撮影) 朝日新聞社屋=2014年11月14日午後、東京都中央区(川口良介撮影)

 フィリピンのカジノ事業に関する記事で名誉を毀損されたとして、大手パチンコメーカー「ユニバーサルエンターテインメント」が朝日新聞社に損害賠償を求めた訴訟は、朝日に33万の賠償を命じた2審判決が確定した。最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)が7日付で、双方の上告を退ける決定をした。

 確定判決によると、朝日は平成24年12月~25年2月、ユニバーサル社側がカジノの許認可権を持つフィリピン政府高官に多額の接待をしていたなどと報じた。

 1審東京地裁判決は、記事4本が真実でなく、裏付け取材も不十分だとして朝日に330万円の支払いを命令。2審東京高裁は4本のうち3本が真実と判断し、賠償額を減らした。

 朝日新聞社広報部は「主張の一部が認められず残念だ」とコメントした。

「ニュース」のランキング