産経ニュース

法務省、テロ等準備罪めぐる文書を撤回し謝罪 民進は金田勝年法相の辞任要求も

ニュース 社会

記事詳細

更新


法務省、テロ等準備罪めぐる文書を撤回し謝罪 民進は金田勝年法相の辞任要求も

衆院予算委員会で答弁に立つ金田勝年法相=7日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会で答弁に立つ金田勝年法相=7日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 法務省の辻裕教官房長は7日午前の衆院予算委員会理事会で、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の国会審議について「法案提出後に議論すべきだ」とする報道機関向けの文書を撤回、謝罪した。同改正案はまだ国会に提出されていない。民進党は理事会で「行政府が立法府の議論のあり方に注文をつけるのは前代未聞」として、金田勝年法相の辞任を要求せざるを得ないとの見解を示した。

 民進党の山井和則国対委員長は同日の記者会見で、法務省の文書について「(野党に対する)国会質問封じ」「マスコミに対する言論封じ」と厳しく批判。「法案の賛否はさておき、金田氏の能力の低さに対する不安を国民の多くが持っているのではないか」と述べ、今後も同改正案の必要性や金田氏の責任について追及する考えを示した。

 一方、金田氏は同日の閣議後の記者会見で文書の撤回を表明。「国会に対して審議のテーマに注文をつける意図は全くなかった」と釈明した。

「ニュース」のランキング