産経ニュース

【NHK記者強姦致傷容疑】無施錠のドアか窓から侵入か 窓ガラスやドアに壊された形跡なし

ニュース 社会

記事詳細

更新

【NHK記者強姦致傷容疑】
無施錠のドアか窓から侵入か 窓ガラスやドアに壊された形跡なし

NHK放送センター全景(納冨康撮影)  NHK放送センター全景(納冨康撮影) 

 昨年2月、女性に性的暴行を加えけがを負わせたとして、強姦致傷などの疑いでNHK山形放送局の記者弦本康孝容疑者(28)が逮捕された事件で、女性宅の窓ガラスやドアに壊された形跡のないことが7日、捜査関係者への取材で分かった。山形県警は無施錠のドアか窓から侵入された可能性が高いとみて調べている。

 捜査関係者によると、被害女性を襲った男は、顔を隠すなどの変装をせず、凶器の使用もなかったという。県内陸部の村山地方では、今回の事件と近い時期に、何者かが家に侵入して女性が暴行されそうになる被害があり、県警は関連の有無を慎重に捜査している。

 弦本容疑者の逮捕容疑は、昨年2月23日午前5時ごろ、山形県村山地方の20代女性宅に侵入し性的暴行を加え、2週間のけがを負わせたとしている。

「ニュース」のランキング