産経ニュース

不正取得のビットコインを資金洗浄 男2人を追送検 警視庁が全国初の立件

ニュース 社会

記事詳細

更新


不正取得のビットコインを資金洗浄 男2人を追送検 警視庁が全国初の立件

 不正取得した仮想通貨「ビットコイン」をマネーロンダリング(資金洗浄)する目的で、換金して他人の口座に送金したとして、警視庁サイバー犯罪対策課などは30日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)容疑で会社員の藤井亮太(33)=東京都青梅市友田町=と、無職の海老原弘継(30)=横浜市鶴見区平安町=の両容疑者を追送検した。ビットコインでの資金洗浄行為を立件するのは全国初という。

 追送検容疑は、昨年1月、不正入手した他人名義のクレジットカードの情報で購入した計41万5千円分のビットコインを日本円に換金し、他人名義の口座に振り込んだなどとしている。藤井容疑者は、米国のコイン交換サイトに架空名義の複数のアカウントを開設しており、それらのアカウント間でもコインを次々と移動させて購入元を分かりにくくしていた。

 同課はこれまでに計210万円分の不正取引を裏付けた。海老原容疑者が藤井容疑者に手口を教えたといい、2人とも容疑を認め「金もうけをしたかった」などと話している。

 両容疑者は、計約218万円分のビットコインを詐取したとして、電子計算機使用詐欺罪などで起訴されていた。

「ニュース」のランキング