産経ニュース

【センター試験】「日本史Aに妖怪ウォッチが出る」ツイッターで問題投稿 著作権侵害の恐れも

ニュース 社会

記事詳細

更新

【センター試験】
「日本史Aに妖怪ウォッチが出る」ツイッターで問題投稿 著作権侵害の恐れも

「妖怪ウォッチ」のキャラクターや、水木しげるさんが描いた妖怪が登場した大学入試センター試験の日本史Aの問題 「妖怪ウォッチ」のキャラクターや、水木しげるさんが描いた妖怪が登場した大学入試センター試験の日本史Aの問題

 近年の大学入試センター試験では、試験終了直後の受験生が出題内容をツイッターでつぶやき、インターネット上で話題になることが増えた。問題文のネット上へのアップは著作権の侵害になる恐れもあるとして、センターは「問題冊子は適切に取り扱ってほしい」と呼び掛けている。

 「日本史Aに妖怪ウォッチが出る」。14日午前の地理歴史・公民の終了後、受験生とみられるツイッターアカウントから問題文の写真が次々とアップされた。午後の国語でも題材となった評論や小説の筆者や題名がつぶやかれた。

 センターの受験上の注意では、試験中にスマホなどの電子機器は電源を切り、かばんにしまわなければならないと定めているが、休憩時間中は使用可能。問題冊子も自己採点用に持ち帰るため、ネットへの“流出”を防ぐのは事実上困難だ。

「ニュース」のランキング