産経ニュース

【大雪】強い寒気、日本海側で大雪 太平洋側も積雪の恐れ

ニュース 社会

記事詳細

更新

【大雪】
強い寒気、日本海側で大雪 太平洋側も積雪の恐れ

寒気の影響で気温が下がり、雪が降る名古屋市中心部=14日午前 寒気の影響で気温が下がり、雪が降る名古屋市中心部=14日午前

 日本列島は14日、非常に強い寒気の影響で北陸の日本海側を中心に大雪となった。気象庁は、日本海側では16日にかけて大雪や吹雪が続くとして警戒を呼び掛けた。15日にかけては東日本から西日本の太平洋側の平地でも積雪の恐れがある。

 交通への影響や除雪作業中の事故に注意が必要だ。気象庁は「不要不急の外出は控えてほしい」と呼び掛けている。

 気象庁によると、14日朝までの24時間に、新潟県上越市で71センチ、長野県野沢温泉村で46センチ、富山市で45センチの雪が降った。太平洋側でも雪が降った所があった。

 東日本の上空約5千メートルに氷点下36度以下の寒気が流れ込み、日本付近は強い冬型の気圧配置となった。15日は数年に1度というさらに強い寒気が入り、16日にかけて冬型の気圧配置が続く見通し。風も強まる。

 15日朝までの24時間予想降雪量はいずれも多い所で、北陸100センチ、関東甲信と東海70センチ、近畿と中国地方60センチ、東北50センチ、北海道40センチ、四国20センチ。16日にかけてさらに降り続くという。

このニュースの写真

  • 強い寒気、日本海側で大雪 太平洋側も積雪の恐れ
  • 強い寒気、日本海側で大雪 太平洋側も積雪の恐れ
  • 強い寒気、日本海側で大雪 太平洋側も積雪の恐れ
  • 強い寒気、日本海側で大雪 太平洋側も積雪の恐れ

「ニュース」のランキング