産経ニュース

住民女性の個人情報盗み見 元中野区臨時職員を再逮捕 警視庁

ニュース 社会

記事詳細

更新


住民女性の個人情報盗み見 元中野区臨時職員を再逮捕 警視庁

 女性の部屋に侵入した上、住民情報システムから同じ女性の個人情報を盗み出したとして、警視庁捜査1課は11日、住居侵入と中野区個人情報保護条例違反容疑で、同区中野の元同区臨時職員、高橋健一郎被告(29)=強制わいせつ罪などで起訴=を再逮捕した。調べに対し黙秘しているという。

 再逮捕容疑は、戸籍や住民情報を扱う区民サービス管理部に臨時職員として勤務していた平成26年10月~昨年3月、計3回にわたって、20代の女性が1人暮らしをする区内のマンション3階の部屋のベランダに侵入。その後、同区役所の住民情報システム端末から、この女性の氏名や住所、生年月日などの個人情報を盗み出したとしている。

 捜査関係者によると、高橋容疑者はベランダに侵入した際、女性の下着を写真撮影。そのデータを女性の個人情報とともに、自宅のパソコンに保存していた。自宅にはほかに、同区に住む20~30代の女性数十人の個人情報や、100枚以上の下着の写真が保存されていたという。

 高橋容疑者は昨年7月、同区で1人暮らしをしていた別の女性のアパートに侵入し、わいせつな行為をするなどしたとして計5件の強制わいせつ事件で逮捕された。

 今回の再逮捕容疑の女性を含めた6人の被害者のうち4人について、高橋容疑者は住宅に侵入後、住民情報システムを使って個人情報を抜き取っていたという。

「ニュース」のランキング