産経ニュース

種田仁元野球選手に罰金刑 免停中に速度超過

ニュース 社会

記事詳細

更新


種田仁元野球選手に罰金刑 免停中に速度超過

種田仁元選手=2007年11月15日午後、ナゴヤ球場(撮影・森本幸一) 種田仁元選手=2007年11月15日午後、ナゴヤ球場(撮影・森本幸一)

 一関区検(岩手県一関市)は11日までに、運転免許の停止中に無車検・無保険の車を運転しスピード違反をしたとして、道交法違反などの罪で、プロ野球中日や横浜(現DeNA)で活躍した無職、種田仁・元選手(45)=仙台市=を略式起訴した。昨年12月27日付。一関簡裁は1月6日、罰金51万5千円の略式命令を出した。

 区検によると、種田元選手は昨年11月21日、岩手県一関市の道路で、免停中にもかかわらず、車検と自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)が切れた乗用車を、法定速度の時速50キロを超える72キロで運転したとしている。

 種田元選手は平成2年に中日に入団。独特の打撃フォームで活躍し、20年に現役を引退した。

「ニュース」のランキング