産経ニュース

【講談社敏腕編集者逮捕】「階段から落ちた」「手すりで自殺」説明変わる 子育てでけんか 首に内出血の痕…容疑者のDNA検出

ニュース 社会

記事詳細

更新

【講談社敏腕編集者逮捕】
「階段から落ちた」「手すりで自殺」説明変わる 子育てでけんか 首に内出血の痕…容疑者のDNA検出

捜査員に連行される朴鐘顕容疑者(左)。敏腕編集者だが、妻を殺害した容疑で逮捕=10日午後、東京都文京区 (撮影・宮川浩和) 捜査員に連行される朴鐘顕容疑者(左)。敏腕編集者だが、妻を殺害した容疑で逮捕=10日午後、東京都文京区 (撮影・宮川浩和)

 大ヒット漫画「進撃の巨人」の編集にも関わった敏腕編集者が、妻殺害容疑で逮捕された。昨年8月、自宅で首を絞めて妻を殺害したとして講談社「モーニング」編集部編集次長、朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)=韓国籍=が10日、殺人容疑で警視庁に逮捕された。発生から約5カ月を経ての逮捕。容疑を否認しているというが、一体何があったのか?(サンケイスポーツ)

 巨人と人間の戦いを描き、単行本で累計6000万部超の大ヒットとなった「進撃の巨人」。「別冊少年マガジン」創刊で編集長として同作を世に送り出したのは朴容疑者だった。「コミック部門のエース」「将来の役員候補」とまで言われていたというが…。

 昨年8月9日未明、文京区の自宅で妻、佳菜子さん=当時(38)=の首を圧迫し窒息死させた疑いが持たれている。5カ月後のこの日、警視庁捜査1課に逮捕された朴容疑者は「間違っています。妻に手をかけるようなことはしていません」と否認している。

 昨年8月9日午前2時45分ごろ、「妻が倒れた」と朴容疑者が119番通報して発覚。妻は階段下であおむけに倒れていた。朴容疑者は漫画関係の授賞式が終わった後、酒を飲んで午前1時ごろ帰宅。妻の死因について「階段から落ちた」と話していたが、後に「階段の手すりでジャンパーで首をつって自殺した」と説明が変遷した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「階段から落ちた」「手すりで自殺」説明変わる 子育てでけんか 首に内出血の痕…容疑者のDNA検出
  • 「階段から落ちた」「手すりで自殺」説明変わる 子育てでけんか 首に内出血の痕…容疑者のDNA検出
  • 「階段から落ちた」「手すりで自殺」説明変わる 子育てでけんか 首に内出血の痕…容疑者のDNA検出

「ニュース」のランキング