産経ニュース

【巨人軍野球賭博】巨人元投手ら野球賭博 「中胴元」の山口組関係者逮捕 警視庁

ニュース 社会

記事詳細

更新

【巨人軍野球賭博】
巨人元投手ら野球賭博 「中胴元」の山口組関係者逮捕 警視庁

 プロ野球巨人の元投手らによる野球賭博事件で、笠原将生元投手(26)=賭博開帳図利幇助などの罪で有罪判決=らが客として関与した野球賭博を主催していたとして、警視庁組織犯罪対策4課は11日、賭博開帳図利の疑いで、複数の胴元を束ねる「中胴元」で、指定暴力団山口組系組関係者、三輪正行容疑者(35)=横浜市磯子区岡村=を逮捕した。

 組対4課は、三輪容疑者のさらに上部にいる「大胴元」に末端の「小胴元」らが集めた野球賭博の賭け金が流れ、暴力団の資金源となっていたとみて調べている。

 逮捕容疑は平成26~28年、プロ野球の試合を対象に、大学院生の男(41)=賭博開帳図利罪で有罪判決=ら複数の小胴元から賭け金を集め、手数料を取って野球賭博を主催したとしている。

 捜査関係者によると、三輪容疑者は横浜市内の違法バカラ賭博店に関係していたとみられ、店の客を通じて野球賭博の客も募っていたという。

 笠原元投手や、賭博罪で罰金の略式命令を受けた巨人の福田聡志元投手(33)は客として、大学院生の男に現金を賭けていた。

「ニュース」のランキング