産経ニュース

大学入試センター試験の14、15日 北日本~西日本の日本海側で大雪の可能性 冬型の気圧配置強く

ニュース 社会

記事詳細

更新


大学入試センター試験の14、15日 北日本~西日本の日本海側で大雪の可能性 冬型の気圧配置強く

 日本列島は11日、強い冬型の気圧配置の影響で北日本(北海道、東北)を中心に風雪が強まり、各地で荒れた天候となった。気象庁は13日にかけて猛吹雪や大雪が続く恐れがあるとして交通障害や雪崩に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、上空の強い寒気が南下するため、大学入試センター試験が実施される14日から15日には北日本から西日本(近畿、中四国、九州)の広い範囲で日本海側を中心に大雪になる可能性がある。

 11日午前8時までの24時間降雪量は青森県の酸ケ湯で62センチ、新潟県津南町で44センチ、山形県大蔵村で40センチを記録。酸ケ湯の積雪は2メートルを超えた。

 12日までに予想される陸上の最大風速(最大瞬間風速)は、北海道20メートル(35メートル)、東北18メートル(30メートル)、北陸16メートル(30メートル)。12日午前6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で北海道、東北、関東甲信で50センチ、北陸で70センチとなっている。

「ニュース」のランキング