産経ニュース

17歳少年を検察官送致 茨城の女性殺害事件

ニュース 社会

記事詳細

更新


17歳少年を検察官送致 茨城の女性殺害事件

 茨城県牛久市の女性が「フィッシュピック」と呼ばれる魚釣り用の道具で刺されて殺害され、川で遺体が見つかった事件で、水戸家裁は10日、殺人と死体遺棄の疑いで家裁送致された無職少年(17)を検察官送致(逆送)とする決定をした。

 鈴木義和裁判長は決定理由で「突然人を刺すことを思い立ったという動機は短絡的で身勝手極まりない」と指摘。遺族の処罰感情にも触れ「刑事処分以外の措置が相当とは言えない」とした。

 決定によると、昨年6月30日夜、同県つくばみらい市の路上で、同県牛久市の進士康子さん(42)の背中や頭部をフィッシュピックで多数回刺して殺害し、遺体を近くの川に投げ入れて遺棄した。

 水戸地検土浦支部が昨年12月15日、水戸家裁土浦支部に送致した後、土浦支部が水戸家裁に回付していた。

「ニュース」のランキング