産経ニュース

“乗り鉄”の北総駅員が定期不正取得し「鉄道旅」? 額面計105万円

ニュース 社会

記事詳細

更新


“乗り鉄”の北総駅員が定期不正取得し「鉄道旅」? 額面計105万円

 北総鉄道は10日、東松戸駅の男性駅員(44)が定期券の不正発行を繰り返していたと発表した。不正発行は分かっているだけで6枚で、券面の合計金額は約105万円に上る。換金された形跡はないという。

 駅員は鉄道に乗ることが趣味で“乗り鉄”のために十数枚の不正発行を認めた上で、「詳しくは覚えていない」と話しているという。同社は被害の確認を急ぐとともに、駅員を処分する方針だ。

 同社によると、駅員は平成27年7月に同駅に配属され、定期券発行を担当。架空名義の定期券発行を繰り返した。同社には「発行ミスがあって回収した」と報告していた。不正定期は東松戸-JR横浜駅間や東松戸-JR池袋間などで、定期代は最大25万3860円のものが確認されているという。6枚の額面合計は105万5990円だった。

 同社が昨年末に行った販売実績の調査で、この駅員が発券した日の販売枚数が合わないことが判明し、不正が発覚した。

「ニュース」のランキング