産経ニュース

介護施設で92歳入所者殴る 30歳元職員を傷害容疑で逮捕

ニュース 社会

記事詳細

更新


介護施設で92歳入所者殴る 30歳元職員を傷害容疑で逮捕

 介護施設入所者の顔を殴って重傷を負わせたとして、埼玉県警朝霞署は10日、傷害の疑いで同県富士見市鶴瀬西の元施設職員、田中嗣晃容疑者(30)を逮捕した。同署によると「手が強く当たってしまっただけ」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は平成28年12月19日午前0時ごろ、同県志木市の介護付有料老人ホーム「すこや家・志木柏町」で、入所中の女性(92)の顔を殴り、顔面骨折など全治1カ月の重傷を負わせたとしている。

 同署によると、田中容疑者は当時、18人が入所している3階を1人で担当。朝になって女性の顔が腫れたため病院で診察を受け、犯行が発覚した。田中容疑者は同月27日に解雇。27年6月から同施設で働いていたが、女性との間にトラブルはなかったという。

 同施設を運営するウイズネット社は田中容疑者について「勤務態度はまじめで特に問題もなかった」とし、「利用者とご家族に深くおわびしたい。今まで以上に社員教育をして再発防止に努める」とコメントした。

「ニュース」のランキング