産経ニュース

【人型ロボットのお仕事】刑務所を出所後、再犯防止に「ペッパー」が話し相手 ギャグ飛ばす「吉本」の特別バージョン

ニュース 社会

記事詳細

更新

【人型ロボットのお仕事】
刑務所を出所後、再犯防止に「ペッパー」が話し相手 ギャグ飛ばす「吉本」の特別バージョン

元受刑者らの立ち直りのきっかけとして更生保護施設に設置された「ペッパー」=東京都渋谷区(大竹直樹撮影) 元受刑者らの立ち直りのきっかけとして更生保護施設に設置された「ペッパー」=東京都渋谷区(大竹直樹撮影)

 ペッパーに「写真撮ろうよ」と声をかければ、目の前の人を撮影し、「今週のベストショット」を選ぶ機能もある。施設長の木下登志美さん(61)は「職員に対する笑顔と違い、ペッパーの前では寮生も素の表情を出している」と喜ぶ。

笑いのセンスに磨き

 平成28年版犯罪白書によると、23年の出所者のうち65歳以上の高齢者は2629人。5年以内に再犯に及んだ人は991人で、再犯までの期間は高齢になるほど短くなる傾向にある。罪名別では窃盗の割合が半数を超えており、特に高齢者の万引は、出来心や孤立と結びついているとされる。

 法務省幹部の一人は「貯蓄もあるのに、万引に走ってしまう人がいる。生活に困っていなくても、不安や寂しさから万引をしてしまう人がいる」と明かす。

 こうした問題を抱えた受刑者ほど刑期満了まで服役し、何の援護もないまま釈放され、再び犯罪に向かってしまう。良好な対人関係を築き、円滑な社会復帰を促す試みの一つがペッパーだった。

 両全会のペッパーは、吉本興業グループの「よしもとロボット研究所」が4月に無償提供。相手の表情や声のトーンを読み取り、ギャグを飛ばす特別バージョンだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 刑務所を出所後、再犯防止に「ペッパー」が話し相手 ギャグ飛ばす「吉本」の特別バージョン
  • 刑務所を出所後、再犯防止に「ペッパー」が話し相手 ギャグ飛ばす「吉本」の特別バージョン
  • 刑務所を出所後、再犯防止に「ペッパー」が話し相手 ギャグ飛ばす「吉本」の特別バージョン

「ニュース」のランキング